HOME業務案内個人のお客様 > 家族信託

家族信託

相続税・贈与税の申告 | 財産評価・相続対策 | 譲渡所得の申告 | 所得税の確定申告

家族信託


このような
疑問お悩みご要望はありませんか?

01 認知症になったら資産が凍結されるって本当?
02 認知症が心配。今からできる財産管理の方法には、どんなものがあるの?
03 高齢になったので、アパートの管理や家賃交渉を家族に任せたい。
04 不動産の賃貸や売却など、相続財産の有効活用を家族に任せたい。
05 認知症になったら、生活費や医療費の管理を、信頼できる家族に頼みたい。
06 先祖代々引き継いできた不動産を直系の息子、孫に引き継ぎたい。
arrow

お客様の大切な財産の管理や活用方法について、

家族信託など、新しい制度を含め、最適な方法をご提案いたします。

お客様に寄り添い、共に考えます
認知症になると、資産が凍結され、本人以外が必要な生活費や医療費を引き出したり、不動産を売却したりすることができなくなります。
そのため、認知症となる前に、ご自身の資産の管理、活用、継承の方法を、予め決めておかなくてはなりません。
作り上げてきた財産を、残りの人生のため、配偶者や家族親族あるいは未来の子孫のため、どう管理・活用し、継承していくのか。
私たちは、お客様やそのご家族の想いを実現するのに最適な方法を、共に考えます。

専門的知識に基づいた有益な助言を行います
「家族信託」は、成年後見制度や遺言ではカバーしきれない、家族による資産管理・活用や、将来にわたる資産の継承が可能な、比較的新しい制度です。
私たちは、こうした新しい制度も含め、様々な選択肢の中から、税務等の専門的な知識に基づき、最適な方法を提案しています。

相続税・贈与税の申告 | 財産評価・相続対策 | 譲渡所得の申告 | 所得税の確定申告