HOME業務案内法人のお客様 > 税務・会計顧問

税務・会計顧問


経営者お悩みはさまざま・・・

01 会社の数字を月初に早く知りたい。
02 タイムリーな業績をもとに経営判断を下したい。
03 部門ごとの損益を把握したい。
04 経理担当者を財務の参謀役に育ててほしい。
05 経営計画の策定をサポートしてほしい。
06 会計ソフトを導入して経理業務を効率化したい。
07 決算書の信頼度を向上したい。

月次顧問契約で

業績管理体制の構築をサポートします。

 月次決算の仕組み作りはお任せください。

 月次巡回監査と自計化で黒字経営の実現を支援します。

 高収益を実現するカギは部門別業績管理です。


01 月次巡回監査

巡回監査スタッフが、貴社を毎月訪問して、会計・税務の監査を行い、会計資料並びに会計記録の適法性、正確性及び適時性を検証します。

経理担当者をサポートし月次決算の流れができるまで、丁寧にご指導いたします。

監査が終了したら、月次の試算表をもとに最新の業績を経営者へ報告します。

黒字決算に向けて会計・税務面からの経営者をサポートいたします。


02 自計化

「自計化」とは、領収書や請求書などの証憑書類から仕訳を起こし、試算表を作成するまでを、外部に「丸投げ」せずに、会計ソフトを使って自社で行いうことです。

経理や簿記に慣れていない方でも簡単に会計ソフトが使えるように、会計ソフト(TKCシステム)の立ち上げを支援します。

「仕訳辞書機能」や「販売管理ソフト・給与ソフトからの仕訳読込機能」、「AIを活用した自動仕訳機能」を活用して、TKCシステムを設計しサポートするので、簿記や会計がわからない方でも安心です。


03 業績検討会・決算報告会

事業年度がスタートして6~9ヶ月経過後に、経営者と監査担当者、必要に応じて経営幹部や経理担当者が参加して業績検討会を行います。

決算の前に決算検討会を実施します。
ここでは、最新の業績をもとに決算の着地点(売上・利益・納税額)を予測し、決算予測数値が目標に達しない場合には打ち手を検討し、利益が大きく節税対策が必要な場合には、実行可能な節税対策を検討します。

決算が終了し、申告書が完成したら、決算報告会を開催します。


04 短期経営計画(予算)

月次顧問契約では、継続MAS(経営計画作成ソフト)を活用して「短期経営計画」の策定をサポートしています。

「短期経営計画」とは、向こう1年間の目標数値(予算)のこと。売り上げ目標、人件費計画、設備投資計画などをヒアリングしながら作成します。

出来上がった計画数値は、TKC会計ソフト「FXシリーズ」と連動でき、毎月の計画数値と実績の比較が可能になります。


06 部門別損益管理

会社が成長するにつれて、会社の問題点がどこにあるのか把握しづらくなることがあります。そこで有効になるのが「部門別損益管理」です。

会計データを部門別(部署、支店、店舗、地域、担当者ごと)に区分することで、それまで具体的に見えずらかった課題や問題点を把握できるようになります。

TKCの会計ソフト「FXシリーズ」では、部門別業績管理機能により、部門ごとの業績をタイムリーに把握することができ、有効な打ち手を考えることに役立ちます。


07 書面添付を推進しています。

書面添付とは、税理士が顧問先様の税務申告書を作成する際、計算した事項や相談に応じた事項を明らかにした書面を税務申告書に添付し、その内容を明確にする制度です。これにより、税務申告書の信頼度が向上します。

税務申告書の信頼度が向上するので、税務署に対して「税務申告の適正さのアピール」や「税務調査の時間短縮や省略につながる可能性」が期待できます。

金融機関に対しては、「金利が安くなる」「第三者保証の免除」「代表者保証の免除」が期待できます。

08 中小会計要領の活用を支援します。

中小会計要領は、中小企業のための会計ルールです。

自社と利害関係にある者(金融機関、取引先、株主など)へ、この会計ルールに沿った決算書などを用いて説明や情報提供を行うと信用力が高まるので、資金調達や取引先との契約や拡大をスムーズにする効果が期待できます。

弊社では、中小会計要領に沿って適切な記帳(入力)ができるようご指導します。


年間サポートスケジュール

年間サポートスケジュール